うさぼうの人生ダッシュボード化計画

仕事や家族との生活、読書や体験から考えたことを書き綴り、人生をゲームのように楽しむヒントを発信中

投票結果を記録することで政治への当事者意識が高まります

http://www.flickr.com/photos/23561056@N00/3086674683

本日は第47回衆議院議員総選挙でした。解散理由もはっきりせず、投票したい政党や人もいないという方も多くいらっしゃったかと思います。投票率も52%前後と低そうです。

当事者意識を持つにはまず投票

私は投票に行きました。

有権者は投票には金も時間もほとんど使いませんが

1票という権利を使うことで当事者意識を持ちたかったのです。

 

いくら政治に無関心な人が多くても投票率が低くても、選挙を通して国は動いていきます。放っておいてますます無関心になっても仕方ありません。であれば1票くらいと軽んじずに、限られた時間と情報の中で何らかの結論を出して投票するのがいいと思っています。

 

投票結果を記録することで当事者意識を維持し、高める

投票結果は、記録しておくことをお勧めします。

Evernoteに投票結果を理由と共に記録しておくと過去の履歴が検索できるので便利です。

選挙後の政治の動きも記録していくことで意識も高まるかと思っています。

 

終わりに

投票手帳みたいなものがあって投票の履歴と投票した政治家や政権の実績に対する満足度や評価などと関連付けられるともっといい気もします。もう少し進めると政治に関する理解度に応じて1票の重みは変えてもいいような気もします。

 

ゲーミフィケーション研究家usaboでした。

冒頭の写真:photo by e_walk

広告を非表示にする