うさぼうの人生ダッシュボード化計画

仕事や家族との生活、読書や体験から考えたことを書き綴り、人生をゲームのように楽しむヒントを発信中

クラウド時代の応援力!私が迷わずTaskChuteCloud年間利用に決めた理由

f:id:usabo:20160807130018j:plain

うさぼう(@usabo_tweet)です。

イドさん(@idomars)が、私の年間申し込みを取り上げて下さっています。

 

 

βテストユーザでもなかった私が、申し込みタイミングでいきなり年間利用料4,860円を払った理由についてお伝えします。2か月分が無料になるから?いいえ。2か月分が無料になるということはこの記事を書くために料金プランをみて初めて知りました。

 

私が1年まとめて支払いプランを選んだ理由は、感謝と応援の思いに尽きます。

タスクシュートファミリーへの3年半の感謝

 私のタスクシュートとの出会いは2012年のことです。気にはなりながらも使い始めるには勇気が必要でした。はじめてタスクシュートにタスクを登録したのが2013年2月1日。あれから3年半。毎日欠かさず、とはいいませんが使うのをやめようと思ったことは一度もありません。

 

その後、たすくまは2014年7月16日から使っています。こちらも一日も欠かさずEvernoteにログを転送しています。どんなに記録したタスクが少なくても、移動箇所の地図や食事の写真やひとことメモは、その日を思い出すのに重要な役目を果たしてくれます。

 

タスクシュートがあったからこそ、多数のリピートタスクを忘れて無理な計画に苦しむこともなくなりましたし、記憶にたよって自分のやってきたことを過小評価することも減りました。

 

これまでのタスクシュートへの感謝と信頼が今回のTaskChuteCloudへの期待と申し込みにつながったことは間違いありません。大橋悦夫さん、佐々木正悟さん、富さやかさんに改めて感謝の意を表します。

 

usabo.hatenadiary.jp

これからのサービスTaskChuteCloudへの期待と応援

TaskChuteCloudはご存じの通りクラウドサービスです。クラウドサービスのいいところは、気軽に使い始めて、使わなくなれば利用を止められるところです。

 

TaskChute2は6,480円、たすくまは3,600円と決して手軽な買い物ではありません。月額486円で使い始めて、しばらく使ってみることができるのは、クラウドのメリットそのものです。

 

しかし、視点を変えてみましょう。

 

TaskChute2やたすくまのアプリ開発にかかった費用が、買い切りの価格に含まれるのに対して、TaskChuteCloudはその費用はユーザの月額の利用料を通じて回収されていきます。

 

つまり私が月額利用するなら10か月かけないと回収できなかった費用を、いきなり手に入れることができるのです。そして、それはさらなる良質なサービスを産み出すガソリンになるでしょう。

 

良質なサービスを産み出してくれると信じて疑わないのは、3年半の、そして開発者であるjMatsuzakiさんへの感謝と信頼があってこそです。

 

 

今後の開発ロードマップはこちらで見られます!あなたの欲しい機能も予定されているかも?!

既知の問題や要望、実装中の機能はこちらに公開されています。簡素なリリースノートではなくてTrelloのカードでビジュアルに見られるのがCooolです。

trello.com

TaskChuteCloudのお申し込みはこちらから可能です!

 さて、私はTaskChuteCloudのまわしものでしょうか。Yesです。私がこうしてお勧めする行動に、アフィリエイトという形でTaskChuteCloudサービスは応えてくれます。

 

以下のURLから申し込み頂くと、私のやる気が10倍に膨らむ仕組みになっております。

taskchute.cloud

通常、選挙では一票しか投じることができませんが、10票分の応援をまとめて投じることができます。10票分の投票はそのまま投資となってあなたの時間を豊かにしてくれると私は信じています。

f:id:usabo:20160807125606j:plain

 

TaskChuteCloudを盛り上げていきましょう!

こんな記事もあります

 

usabo.hatenadiary.jp

 

usabo.hatenadiary.jp

 

こんな書籍もいかがですか

 

クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!

クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする